<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ポスター大作戦

ここんところ、ヒミング・2007のポスターが町中に目立ってまいりました。

本日は、金沢からヒミング助っ人チームが氷見入り。
21世紀美術館のたちあげ期にも大きく活動していた面々です。

で・・その方々が、よっしゃ!ヒミングのポスターを貼ってこよう!!と町中へ・・・
あっちにこっちにそっちに・・いろんな方にお願いしつつ、ヒミングポスターをはらせていただきました。


そしてそして、この日は、日比野克彦さんや鎌仲ひとみさんも氷見入り。

あっついなか、ポスター貼りをしてくれた方々も合流して、みんなdeご飯となりました。
場所は、ヒミング食巡りにも協賛いただいている、氷見市間島の{すし屋の城光}でございます。

あっちの席で・・こっちの席で・・テンションの高ーい面々が、アート談義です。
↑日比野克彦さんです。

↓ほえる鎌仲ひとみさんです。

ああ・・ヒミング・2007の本番がドンドン近づいてきます。

ああーーーーーーーーーーーーー手がたりなぁぁぁい。
okami@永芳閣 * リサーチ&準備&掃除! * 22:47 * comments(0) * trackbacks(0)

明日の国見の行き方はちょっと違います。

明日は8:45に青野米蔵へ


明日、朝の8時45分に青野米蔵に集合して、天空平のアクセス道路整備に行きます。

が、今回は、登り口が違います!!

いつもの登り口が、今日コンクリート舗装をしたので、車の乗り入れができません。
で、サブの登り口を用意いたしました。
遅れて参加される方は、参考にしてください。
いつものように、阿尾から天空平へ向かいます。石川県方面の大きな道からいつも左に入るY字路をそのまま100mほど進み、左手にポツンと見えるベージュ色の飼料タンク前を左に入り、坂を上ります。(ここからは、砂利道です。)

坂を上がって、T字路を左に行き、20mほどしたら、左に上がる坂道がありますので、そこを登っていってください。
少し平らな道を進んで、ヘアピンで上がるといつものアスファルト舗装の道があります。

明日の作業のため、森杉さんが草刈をして、道を確保していただきました。新しい草刈後なので、それを目印に進まれてもいいと思います。

農道の延長のような砂利道なので、くれぐれも車の走行は、慎重にお進みください。
川合からのワンポイントアドバイスでした。
shishido * リサーチ&準備&掃除! * 21:10 * comments(0) * trackbacks(0)

37度のチラシ発送作業

こちら・・・今年のヒミングのポスターでございます。

ウェブサイトのトップデザインは、このポスターからきているのであります。

例年、風景が多かったのですが、今年は思いっきり、氷見の人に寄って寄って寄りまくり〜。

日本でも数少ない木造和船の造船技術を持つ船大工の番匠さん(左上)や、八代の環境パトロールやNPOバスの運行などもしていて、森林組合長でもある森杉さん(右下)や、ヒミング実行部隊の若い力!富山大学芸術文化学部のヤットンガ!のメンバーなど、ヒミング所縁の人々の写真で構成されています。

そのポスターをくるくるくるくる・・・と巻きまして、本日は発送作業のピークを迎えております。

ああ・・・暑いです。

暑すぎます。

台風が近づいている影響なのか、風はあるものの、ああ・・・熱風かも・・・。

本日の富山県・・最高気温は37度を超えたとか・・・。

こんな中で、エアコンのない(あるんだけど・・・動かないらしい・・)、ヒミング白い家・・・外の海の景色がまぶしいぞっ!!

発送作業のお手伝いに来てくれたのは、カメラマンの守田さん。

今回のポスターやチラシの写真の大半は、彼女の作品です。
きゅっ!と被写体に心寄せた感じのする写真なのであります。

氷見市内外のご協賛くださった皆々様〜、もうすぐお手元にポスターが届きますのでお楽しみにー。


ヒミング・2007ウェブサイトもご覧下さい。


okami@永芳閣 * リサーチ&準備&掃除! * 16:51 * comments(0) * trackbacks(2)

インスタレーション会場 WATANABE

ここは、氷見市間島の民家。

民家といっても空き家になって数年経っています。

今年ヒミング・2007では、阿尾からずーっと氷見の商店街をたどって、湊川沿いのふるい倉庫まで、たくさんの家々がインスタレーションの場となります。

この家も、高〜い高〜い天井が素敵。

二階の屋根裏も素敵?

でも、ずいぶん人が住んで無かったですしね・・・先ずは、その間の住人、じゃなくて住虫ちゃんを一掃!!

燻煙剤を一気に5個セット!
にげろー!!

明日は掃除にはいりまーす。
okami@永芳閣 * リサーチ&準備&掃除! * 19:59 * comments(0) * trackbacks(0)

天空の国見平は、広かった

氷見市八代地区の国見というところ。

本日は、山頂の広大な平地の整備&周辺道路の整備。
周辺道路の整備は、前の記事を見ていただくとして、てっぺんの平地の草、いや雑木に揉まれ揉まれ・・・格闘している、実行委員の姿をご覧ください。









ま、ね〜。やってもやっても終わんない訳です。2万坪ですからね。

で、記念撮影。

7月に入ったら、大型草刈機出動!!の予定。


ヒミング・2007との同時開催の氷見巡り企画、現在ドンドン取材しております。
順次、アップいたしますよー。
okami@永芳閣 * リサーチ&準備&掃除! * 15:38 * comments(0) * trackbacks(0)

ヒミングリサーチ『三尾地区から床鍋地区、そして赤毛地区へ』

ここは、氷見市三尾(みお)地区にある『蚊谷山 空誓寺』さん。




石段を登ると、真っ先に目に付くのがこの釣鐘。


「お天気がよかったので、庭にテーブルをご用意したんですよ。どうぞ。」と、嬉しいお心遣い。
突然の訪問にも快く迎えてくださった原平ご夫妻は、氷見へ帰っていらして2年になるのだそう。
若い人を対象に、正信偈(しょうしんげ)の練習会をなさっている。


お手製のハーブティもいただく。ハーブの香りと味が、すこぶる爽やか〜。


それからそれから、奥様が絶賛の『天然?のアート。』

きつつきが来て、電柱を穴ぼこだらけにするのだそう。木の電柱のてっぺんに見える穴がそれ(笑)。あまりにもたくさんあるので、緑のシートは電気屋さんが覆っていかれたのだとか。


原平ご夫妻、どうもありがとうございました。

その後、床鍋地区にある、富山県と石川県の県境に位置する『臼が峰(うすがみね)』へ。



ここはその昔、越中の国守であった万葉の歌人・大伴家持が、羽咋市へ行く通り道だったという。



更にその後、ちょっと山越えをして赤毛地区の『工房舎 閑雲』へ。


館長の宝住(ほうずみ)さんに、いろいろお話を伺う。



ここには、おもしろいものがゴロゴロしている。
こんなのや〜


こんなのや〜


こーんなの!


「この木の間に、ツリーハウスをつくろうと思っとる。大学生に作ってもらうのもいいな。
こうやって〜、ああやって〜。」と、まるで少年のような(?)宝住さんなのである。


そして、その話を聞きながら目をキラキラさせている、中村政人さんと川合実行委員長なのである(笑)。

宝住さん、どうもありがとうございました。



yoro * リサーチ&準備&掃除! * 23:45 * comments(0) * trackbacks(0)

ヒミングリサーチ『海』

ここは、氷見市島尾海岸。



松林が、光と影を映し出す。



砂浜へ続く、細い小路を抜けると



ハマナスの花が、咲き誇る。






砂浜には、古タイヤがオブジェのように



ずーと、続く。



青い空に、青い海。
「氷見の海は、最高だーーー!」
と、みんなはご機嫌(笑)。


yoro * リサーチ&準備&掃除! * 23:34 * comments(0) * trackbacks(0)

ヒミングリサーチ『街中』

ヒミングが氷見クリックとしてスタートした4年前から、
ずっと関わってくださっている中村政人氏と宍戸遊美さん、
そして、ヒミング2006から参加の東京藝大生、葛谷君が来氷。

この日は、氷見のスタッフと一緒に街中をリサーチ。

まずは、阿尾漁港にある番屋。
ここは、氷見クリック2004の上映会場となった場所。
ずっと、そのままだった。懐かしーい。



番屋の前に広げられた、天草に圧倒。



次は、国道を走っていると何だか気になる建物が・・・。
細い路地を抜けていく。



その気になったのが、この倉庫。



そのまま歩いていくと、おやまた・・・
ガソリンスタンドの跡地に残された壁。
中村さんが、スゴク興味をそそられたらしい〜(笑)。



お次は、どうやらお寺のような感じ。



ご近所の方に聞いてみる。
尼寺だそう。



それから、こんなところにも行ってみる。
(なーんか、いい感じ〜笑)



次は、湊川の方へ行ってみる。



ちょうど、『オーダーメイドの靴屋の愛ちゃん』と一緒になる。
愛ちゃんのお店がこの近く。



湊川沿いをそのまま行くと、市民会館の裏手にある倉庫。



うっそうと絡みついたツタが、ますますいい雰囲気を醸し出している。
宍戸ちゃん、創作意欲が湧く!!



その後、上庄川へ移動。
ここにも、気になる倉庫が・・・。



今日も、上庄川の流れはゆるゆるで。
やっぱり、ここからの眺めは本当にいいんだよなあ〜。



さあ、『ヒミング2007』に向けて!!
yoro * リサーチ&準備&掃除! * 00:28 * comments(0) * trackbacks(0)

ヒミングミーティング vol.2

5月10日の木曜日、
氷見市中央町のヤモリカフェにて2回目のミーティングをしました。



ではご紹介。
能越ケーブルネットの廣谷さん。
・・去年に引き続き、今年も氷見のケーブルテレビでヒミング2007のCMがながれそうでございます。

そして、福野から40分かけてやって来てくれたニューフェイス山内君。
機械設計のお仕事の方。たよりになりそなワカモノでございっ!!


okami@永芳閣 * リサーチ&準備&掃除! * 09:52 * comments(0) * trackbacks(0)

氷見ツアーやっとんが〜?

富大の学生がつくるヒミングサークル ”やっとんが”
県外出身者が多い彼ら。ヒミングのスタッフである彼らにまず!氷見を伝授せねばと
氷見在住実効委員gorieが、基本的ヒミング的氷見ツアーを敢行。

出発は、島尾からずっと続く海岸線。


氷見駅では、レンタルサイクルを借ります。
午前10時〜午後5時まで貸し出し可能。保証金1000円後でかえってきます。



まず、海鮮市場で腹ごしらえ。
取れ立てのお魚を買って、浜焼き場にて焼いてもらえます。
焼き代は、お皿一杯のお魚で、500円ぐらい。これは1匹だったので300円。



お昼ごはんの後は、海鮮館側の「ブリンス館」横。
ここが、なんちゃって氷見のビュースポット。ブリンス館の壁が海に浮かぶ立山の写真になっていて、この前で写真をとると、けっこう本物みたいになるんです。



自転車で海岸線をかっ飛ばして、よく風景写真にも登場する、海岸に突き出した崖の上、阿尾城あとへ。


綺麗に整備されていてびっくり。
ちょうど水仙が満開でした。
頂上には、見晴し台があって、絶景がひろがっています。
昔のお殿様は、こんな眺めをみていたのだろうか〜





その後は、ヒミングの歴史を巡る場所。
その1 第一回の氷見クリック上映場所となった「阿尾の番屋」
ここは、かつての漁師さんの休憩場所。定置網漁で発展した氷見の原点ともいえる場所なんだよ。





その2 昨年のヒミングの拠点場所「堀の家の石蔵」
赤錆色の石蔵。かつての小麦や大豆の保存蔵がヒミング中は、カフェになって多くの人が集まりました。「なつかし〜い。ことしもやるぞ〜〜!!」と思いにふけります。


まるまる1日氷見を満喫したかしら?富大”やっとんが”
そもそも、このツアーの始まりは、自分たちの目線で氷見を紹介しようという思いから。
観光マップに載ってる情報とはちがった、ヒミング的な目線。
そんな氷見の達人になる為に、まだまだヒミングツアーはコアな要素を取り込んで
続きます。

gorie@実行副委員長 * リサーチ&準備&掃除! * 12:13 * comments(1) * trackbacks(0)
このページの先頭へ