<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

鎌仲ひとみさん撮影に入る

映画監督の鎌仲ひとみさんが、船大工の番匠さんを取材しています。

鎌仲さん、今回の作品は「森と海のつながり」や「氷見の海が豊かなわけ」的なことを、その現場で暮らしてきた人とインタビューを通して、いろんな人たちに知ってもらおう・・という作品になるみたい。

1艘の木造天馬船の模型を前にした鎌仲さんです。

実は、この氷見のボカ杉を使った天馬船が、氷見の森と海をつなげていたわけでありまして・・・ああ・・そこんところは、鎌仲作品で・・・。

この天馬は、番匠さんがつい最近修復し終えた志賀の天馬。

氷見の天馬と能登の天馬とでは、形も少し違うそうなんですが、それはそれとしても、美しい。

こってりとペンキが塗られた状態だった天馬ですが、番匠さん・・綺麗に削り上げて、もとの杢を出しています。

天馬を海から揚げた後、再び工房に収納する番匠さんと、それを撮影する鎌仲さんです。

どんな作品になるかは・・・お楽しみお楽しみ。
okami@永芳閣 * 作家&スタッフ紹介すっちゃ! * 22:59 * comments(0) * trackbacks(0)

脚立の上の堀浩哉!

今回のヒミング・2007のメインとなる拠点会場は、氷見市湊川沿いの古い古い倉庫です。

今は、電気も通していない倉庫。

隙間から、漏れこむ光が目にしみます。

そんな倉庫の一番奥の奥に・・・

どん!とでっかい大空間。昔はムシロ蔵だったとか・・・。

天井高は7メートルくらいあるでしょうか。

脚立の上にたつのは、堀浩哉さんです。

ムシロ蔵だったので、床はふるい藁と砂利が混じるフワッとした感触。

大空間を、堀さん、どんな風に見せてくださるんでしょう。

しかし・・・似合うなぁ・・脚立・・・。

団塊世代の真っ只中を怒涛のように矢面にたって、過ごしてきた堀さんなんですが・・・いやー、いいんだわぁ。
世間の「チョイ悪オヤジ」きどりのおじさんたちに見せてあげたい、このかっこよさ!!

ファンの女将であります。
okami@永芳閣 * 作家&スタッフ紹介すっちゃ! * 16:40 * comments(0) * trackbacks(0)

氷見温泉掃除&アーティスト「ノーヴァヤ・リューストラ」さんです。

今回、ヒミング・2007の展示会場となる「氷見温泉」。
その掃除に、ちょうど氷見へ下見にきていらしたノーヴァさんこと、『ノーヴァヤ・リューストラ』さんも
参加してくださいました。


お名前を聞くと、外国の方?と、ついつい皆は思ってしまうようで・・・(笑)。
いえいえ、れっきとした日本人のお二人。名古屋市からいらした安原雅之さんと
山口市からいらした中野良寿さん。お二人とも大学の先生でいらっしゃる。
安原さんがロシアの音楽史を勉強されたことから、『ノーヴァヤ・リューストラ』さんというユニット名にされたのだとか。


ノーヴァさんの作品は、世界の古着を形のままつなぎ合わせて飾り付けるカフェ。
人と人とのコミュニケーションがテーマだとおっしゃる。
藝大の取手、山口県、プサン、カナダ、名古屋、そして氷見と、国内外のあちこちで
開催していらっしゃるとのこと。今回、初めて「銭湯」でとあって、意欲的!!なお二人。

さてさて、ノーヴァさんも参加していただいての掃除。


富大生『やっとんが』は、今日も大活躍!




自治会の方々も、一緒になって掃除に参加してくださいました。ありがたい!!


女性の方々にも、お世話になりました。助かります〜。




2階で見つけた看板。どうやら、かなり懐かしいもののよう。


ほほお〜こんなものまで発見!!


ようやく掃除も終了となり、休憩タイム。
おやつは、瓶入りコーヒー牛乳。氷見温泉には、ピッタリ(笑)。




コーヒー牛乳といえば、やっぱこれでしょう!!


お決まりのポーズで決まりッ(笑)!!

皆さま、大変お疲れさまでした〜。




yoro * 作家&スタッフ紹介すっちゃ! * 00:06 * comments(0) * trackbacks(0)

アーティスト渡辺寛さんです。

ご紹介するのは、ヒミング参加2回目の渡辺寛さん。 
(でも、実は氷見は3回目。)

到着後、早々にご案内したのが天空平。



あいにくと、この日は曇り。
あんまり見晴らしはよくないが、こういう感じも神秘的〜。



そして、街中。
ちょうど、オーダーメイドの靴屋さんを通りかかり・・・ちょいと見学。

渡辺さんをご案内するのは
今年、ヒミングサポーターとして初参加の
佐原さんと西川さん。



靴屋の愛ちゃんがお見送り(笑)。



ヒミング・2006での渡辺さんの作品は、上庄川の写真。
今年のヒミングの作品は、同じく写真だそう。



どんな作品を作ってくださるか、どうぞお楽しみに!!



ワクワク〜〜〜。



yoro * 作家&スタッフ紹介すっちゃ! * 09:35 * comments(0) * trackbacks(0)

アーティスト鈴木真吾さんです。

ご紹介するのは、ヒミング初参加の鈴木真吾さん。 
氷見へいらしたのは初めてだけれど
『氷見クリック・2005』のポスターのデザインをしてくださった方です。
あれは確か
横長と縦長で・・・北大町の埋立地の風景と街中の空き地スペースの・・・
と言えば、思い出していただけましたか?

鈴木さんにも、猛ダッシュで氷見を駆け回っていただきました。
湊酒店さんの倉庫は魅力的。


堀埜さんが、氷見のことを話してくださる。


番匠さんは、天馬船への熱い思いを語ってくださる。


それからそれから、今回の大収穫!!


国見の山から、立山が見えたこと。


写真では、ちょっとわかりにくい?

yoro * 作家&スタッフ紹介すっちゃ! * 00:34 * comments(0) * trackbacks(0)

アーティスト佐藤慎也さんです。

ご紹介するのは、ヒミング初参加の佐藤慎也さん。日大の建築学科の先生です。
1年間ほど、ドイツの美術館へ行かれていたそうです。
どちらかというと、建築よりも展覧会などディスプレイのデザインを手がけていらっしゃるとのこと。

まずは、天空平へご案内〜。(もちろん、右側の方です。言うまでもなく・・・)


そして、阿尾の番屋へ。


引き続き、堀埜家蔵へ。


さらには、氷見温泉へ。






その他、いろいろ・・・。(ふう〜)

一泊二日の短い滞在とあって、展示会場を駆け抜けていただきました。
佐藤慎也さんの作品は、やはり建築家の視点からということで・・・とっても楽しみな感じです!!






yoro * 作家&スタッフ紹介すっちゃ! * 22:46 * comments(0) * trackbacks(0)

アーティスト原三枝さんです

ヒミング・2007の参加作家のおひとり、原三枝さん。

氷見は、初めて・・・もちろんヒミングもはじめて。

彼女が今回の作品のテーマに選んだのは、氷見の人々。

たくさんの人と会って、その肖像画を描いて、展示します。

高木水産のおばあちゃんでしょ。

海鮮館のカネシンのお父さんでしょ。

氷見牛たなかのお父さんでしょ。

それから、番屋料理ひみ浜のお父さん・・・

おっとっと、取材がおわって、ちょっとほっとした原さんの店頭での記念撮影でした。

どんな風に作品が展示されるのか、それは8/26のオープニングまでひ・み・つ!

どうぞお楽しみに。
okami@永芳閣 * 作家&スタッフ紹介すっちゃ! * 09:51 * comments(0) * trackbacks(0)

ヒミング2007メンバー、ちょいとご紹介

ちょっと暗い商店街の一角に、煌々とした明り


ヒミング2007実行委員会の準備会でございます。
準備会!と銘打ってる・・ということは、まだ準備段階。
無謀にも、準備段階なのにブログなんか作って・・・とほほ。


この日の画像で、ちょいとメンバー紹介いたします。
今回の実行委員長の川合さん。雲空間設計スタジオの代表でございます。
お隣はヨロネットと異名をとるお友達人材の宝庫yoroさん。
ヒミング全般のヒミングブログ(名前ややこしいけど別ブログね)でフォトブログを書きまくっている主婦でございます。


今回のヒミング2007は北日本新聞さんとの共催。
したがって、氷見支局の岩本さんも出席。
お隣は2004の実行委員長の堀江さん。氷見の老舗海産物店/堀与の若旦那です。


去年から強力メンバーとして加わった富大の「やっとんが」チーム。上坂さんと新谷さん、この4月から2年生になったお二人です。
「やっとんが」とは、「やってる?(語尾上がり↑)」の意味と「やってますよぉ」のふたつの意味をもつ富山弁。ま、意味的にはヒミングやっとんが(ヒミングやってます)というところでしょうか。強力な実行部隊であります。
そして前実行委員長のヒラタ。アーティスト兼永芳閣取締役であります。


食べ物系オマカセ軍団のkakiさん、柿太水産六代目でございます。
それと、アタクシokami


このミーティング・・・準備会といっているくせに、すでに実行委員長はヒミング2007を思うあまりに胃が痛い・・・とか。実行委員長のための胃薬もご用意しました。


で、最後のご紹介が、今回大人はミーティングしていたので、その間にデジカメで撮影してくれた小学生のtsu-channでございます。柿太水産のお嬢さんです。


たまたまカメラに入っていないメンバーもいっぱい。
ビデオカメラをまわしていたgorieさんは、また今度ご紹介いたします。

そして、今後も、メンバーはドンドン増えます。
ミーティングには、こんな風に、お子様連れでもご参加できます。

できることから、氷見を素敵に!!ヒミングメンバー募集中!!

okami@永芳閣 * 作家&スタッフ紹介すっちゃ! * 16:47 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ